2005年9月24日 (土)

尊敬について

 レオナルド・ダ・ビンチは医学から絵画、土木建築など実に広範な分野に秀でた業績を残し、当代の「完人」と尊称されたほどの偉人でしたが、現在この称号が完全死語化したように、一人の人間がかくも広範で複雑な多岐の分野に頭角を現すことは到底不可能でしょう。現代は、専門化へ向かって加速・深化する中で、得意とする狭い分野やニッチ領域に安息地を見出し特化せざるを得ないからで、学際は勢い細かい櫛の歯状に縦割構成されることになります。そのような背景において、なお世間の業績評価は、狭く選択された領域に限定されることなく、全人格的な評価を求めて、全てレベル以上の高邁さを備えていることを当然であるかのように要求しますが、これは人間の本質を誤解しています。

 アインシュタインの不滅な輝かしい業績に対し、生涯趣味にしていたバイオリン演奏や不可解な家庭生活に同様の評価と期待を抱くとすれば、明らかに間違っているのみならず、本人にとっても甚だ迷惑なことであります。ロシア生まれで戦前大活躍した著名ピアニストのホロビッツに対し、90歳近くになって初来日した演奏から「壊れた骨董品である」と評した音楽評論家がいましたが、これは時間差無視の評価であって正しくありません。同様にホロビッツにもピアノ演奏以外の教養や私生活において、あまり芳しくない評価がありました。常識を超えた特定分野の偉業績の蔭にある常識以下の広い生活領域が、天才の周囲にも存在するということを率直に認めてやるべきですし、過去の業績を現在から遡及評価しようとすることに本質的に無理があると思われるからです。偉業績と認められる特異点の時点と近傍にのみ限定されて、評価し尊敬されるべきなのです。

 従って、平凡な一般人においてさえ、生涯にわたって尊敬に値する例があり得ます。高校の同級生でしたが、参考書の借用を申し出たときでした。「返却してくれるなら貸すよ」との返答に、「何故そんなことを言うのか」と半ば侮辱された想いで尋ねましたところ、「貸してから返却を催促するのはいやなので、貸す前にいつも言うことにしているんだ」との率直な回答に感激し、以来座右の銘にしていますが、いつも尊敬をもって同君を思い出しています。そのような理由から日常的に、たとえどのような身分、地位、職位の人であれ、優れて尊敬に値する部分が人には必ずある筈との確信を持つように自戒しています。どうしても見出せないときは、それを検知できない当方の無能さに理由があると考えるようにしています。最早や「完人」は存在しませんが、何人も未知領域においては「未完人」であることを決して忘れるべきではないと思います。

| | コメント (0)

2005年8月29日 (月)

遠い記憶①

 二十数年前の約二ヶ月ほど、クアラルンプール市郊外の棟割長屋風のアパートに会社同僚3人と宿泊して、市内にある子会社の技術指導に当たっていました。日本のアパートからは到底想像できないような、欧州風の趣あるレンガ2階建てのシックな建物で、それぞれ個室を寝室に、風呂は順番に食事は一緒にとるという共同生活を続けていました。

 たまたま会社に隣接して、同じアパート風の住宅を新築している現場がありまして、会社の最上階から昼休み時などに、つぶさにその進捗状況を見学することができましたが、地震がなく、東南アジアでは珍しい人口希薄〔当時の人口は1400万人〕で、宗主国イギリスの文化を引き継いでいたからなのでしょうか、田の字型に穴の開いたレンガをモルタルをつかって積み上げ外壁にする簡単な構造の建物のようでしたが、断熱に優れており、素足でコンクリートの床上を歩くとヒンヤリとして赤道直下いるとは思えない心地よさでした。

 室内天井は高く、快適な室内空間を醸していましたが、日本ではあり得ない構造なのですが、各ドアは全て施錠できるようになっていて、更に窓、玄関、勝手口などの開口部は頑丈な鉄製の飾り模様を施した内扉を備えてあり、全て施錠することができました。

 永年居住している従業員からその理由を聞き出したところ、泥棒と強盗が多いからということでした。ときに、住み込みのお手伝い〔アマ〕さんが手引きする強盗事件も起きるようで、室内ドアは必ず施錠し、食卓上に何がしかの現金〔ひどく不満を感じない程度の金額〕を入れた財布を置いておくことが必須の防犯対策であるとアドバイスしてくれました。

 イスラム社会ではごく普通に、羊の屠殺でナイフを巧みに使って血抜きをしますので、強盗事件の被害者が同じ対象になることも多々あったようです。かって、イスラム教を冒涜したとされたインド系英国人の問題小説〔悪魔の詩〕を、イスラム教指導者の強い反対を押し切って筑波大助教授が翻訳出版して殺害されるという凄惨な事件が日本で起きました。このときの殺害方法が、推定理由と共にまさにこのイスラム的作法によるものであったことから、あまねく知られるようになりました。

 長期間居住していると特に気付くことがありました。発展途上国の常として、貧富の格差が大きく、外国製高級乗用車を四、五台所有している高収入者の豪邸がある一方で、その日暮らしがやっとの低賃金にあえぐ極貧層が混在している状況は、明治期もかくやと思わせる社会構成に居るような錯覚を覚えました。そして、近代的な市街で、不思議なことに、めったにピアノを弾く音を耳にしないのです。その理由は簡単で、ピアノの音が犯罪者の強い誘引になるからでした。グランドピアノの豊かな音色を発する家は、現金があるに違いないと考える泥棒や強盗がいたからです。罪の意識もまたイスラム的で、貧しい者に豊かな者が施して当然であるとして、卓上に不用意に置いた金品を誰が取得しても〔窃盗をしたのではないから〕咎められないというイスラム社会独特の共通認識がありました。

 その後の中国の目覚しい躍進の蔭で、かって大成功したLookEast政策も大きく方向転換を余儀なくされ、ますます難しい舵取りを強いられています。永年の間に培ってきたその国の固有文化の土壌に目に向けるとき、宗教や歴史、民度や習慣、教育や国富と、広く深く配慮する必要があります。とても苦い体験でしたが、第二次大戦の苦しみを受けた側の心情を慮りながら、様々の配慮に努々怠ることなく、未来志向で協調すべきなのです。

| | コメント (0)