2005年9月23日 (金)

失敗することの意義

 この世の中で、成功より遥かに多数の失敗が日々生起しているにも係わらず、失敗は顕在することなく密かに葬り去られ、速やかに忘却されることのみを只管願うがために、輝かしい成功事例の華やかさに幻惑され、在るに違いないと信じて成功の秘密の鍵を追い求めて止まないのだと思います。昨今になって漸く「失敗学」が提唱され広く認知されるようになりましたが、未だ多くの分野で、相変わらず失敗原因の追求に主眼が置かれた評価が幅を利かせていて、失敗することの意義を未だ充分には議論されていません。

 ここで言う失敗とは、失敗する筈がないと確信される程に、必要な準備と入念な調査が事前に行なわれた真面目な計画の結果に対する評価であって、半ばいい加減なプランと粗雑な手続きのままに試行したことの結果の評価ではありません。真剣に対峙したことによって、それと自覚されるまで失敗ではないし、たとえ当初の目標に対し成功しなかったとしても、目標以外の事象で多数の小さな成功を手中にしていることに早晩気付く筈です。なにより、当座は失敗と判定されても、日時の経過と環境変化によって、成功と再評価される事例をよく経験します。ノーベル賞受賞でご存知の白川教授による導電性プスティックの発明は、いわば失敗の贈物でありました。

 失敗によって、自信に満ちていた核心部分を見直し、他人の意見に真剣に耳を傾け、文献や書籍を再調査し、専門家に審らかに問い、同輩と議論することで、客観的な見方を進んで取り入れるようになりますから、確率を高めて成功に向かう助走路へ再び就いたことを意味します。

 洋の東西を問わず聖職者は、世の中に生起し存在する清濁、善悪、美醜を知悉する資質が理想であるとされます。若くして出家し、所要の苦行を行なってなった聖職者は、舞姫の教導僧よろしく、老いて俗世の誘惑に「転び」易いものですが、天台宗法主の今東光老師のように、放蕩三昧の末に出家穏座すると、全てを知る安堵があります。成功も全く同様でして、失敗の肥沃な土壌に咲く大輪の花にたとえることができると思います。そして、失敗の意義を再確認できたならば、勇んで再挑戦しようではありませんか。

 

| | コメント (0)

2005年9月 1日 (木)

人格と仕事

 研修、試用の期間が終わって、新入社員が最初に配属される職場先の希望を尋ねられたときに掲げる理由として、職場上司の人柄のよさが圧倒的に多い。業務が不案内なので、不安な船出の行き着く先に、厳しい上司は避け、なるべく人格円満な人の下で働きたいという思う気持ちはよく判りますが、仕事の面から見ると、必ずしも上司の人格が成果に直結しないで、その逆になる場合が多々あることに早晩気付く筈です。

 日常生活の付き合い関係で、人格円満はまことに申し分ない条件ですが、その対極にある職場は、従業員の間に発生する利害得失の衝突と調整、妥協と協調の上に成り立っている非情な人工の擬似社会ですから、人格円満な上司の下では、必然的に業務は行き詰まり、ストップしてしまいます。例えば、部下の意見をあまねく聞いて全員が納得できる行動を採ろうとすれば、上司の頭の中は混乱とカオスの思考が繰り返されるばかりで、人格円満なるがゆえに非情な決断が実行できず、極端な場合、業務停滞の事態に陥ります。しばしば採用されるこのときの上司の反応は「暫く考えてから決めよう」で代表される、引き伸ばしです。部下はこのときどうするか、大抵の場合、臨時の上司になった積りで「業務を進めるのに、かくかくしかじかの課題がありますが、このようにすればうまく解決できますので、如何でしょうか」と、まず提案同意を求める関係に変化します。さらに発展すると、「・・・・このようにすればうまく解決できそうでしたので、実施しておきました」と、実施追認型に変わり、その帰結として、やがて上司に対して公然無視が始まり、下克上が実際の形となって、最終的に組織改変へ進むことになります。

 経営学等で引き合いに出される事例に、大統領と補佐官の関係があります。形式的に大統領署名の教書ですが、内容の大部分はその補佐官苦心の作文であることが多いとされています。極端な場合、真偽のほどは判りませんが、補佐官に簒奪しようとする強い意思が働き、面白いフィクションに仕立て上げられて、TVやドラマに取り上げられることになります。日本の政治家の掲げる政策もまた然りで、秘書や官僚の役割がかなりの部分を占めている事実は周知のとおりです。最近の事例として、例えば、某知事の「パート的業務」と副知事の権勢、法務大臣の国会答弁内容と官僚の補佐など、報道で明らかにされることが多くなりました。秘書から政治家になった事例の殆どは、永年のこのような政治家と秘書の関係に変化が生じるのが動機だと言わています。

 経営組織のフラット化を進めようと盛んに喧伝され、ヒエラルキー階層を減らせば、一次情報に接する機会も多くなり、意思決定が効率的で正確になるとの認識が広まったことがあります。その後、この方向は幾らか修正されて、ある程度のフィルタリングやスクリーニング、評価を適切に行なう中間層の意義が見直されました。

 部下は、上司の仕事振り、決断の仕方、人格などを傍らでじっくりと常時観察しているものです。上司と異なる対案を密かにシミュレートし比較している部下もいます。何時までも部下でいる筈もなく、やがて階段を登り、あるいは独立して、自己実現を図るのが正常な個人の成長の姿でありますので、言い換えれば、部下が育つ正常な過程の準備であります。

 部下の成長を願っている上司かどうかは、次となる者の存在の有無と、その間の距離のとり方で判ります。意識的に距離を大きく取ろうとするのは、現地位の安泰と簒奪の予防を優先しているからであり、人格に何らかの欠陥があると考えるべきでしょう。例えが適当かどうか判りませんが、次期首相として簒奪される恐れのある有能な大臣を小泉さんは敢えて任命していません。長期政権にとって適切と考える距離を置くように人選しています。ワンマンや独裁者がよく採用する手法ですが、次は必然的に混乱と喧騒の状況になり、群雄割拠へ引き継がれることになります。現政局の混乱の主要因なのですから、無責任の謗りは免れません。

| | コメント (2)

2005年8月18日 (木)

予防と感度

 四半世紀ほど前の初の米国出張のおり、当時コンピュータ制御の自動車を開発していたGM社の技術者が「センサは"Garbage in, garbage out"〔屑篭から屑篭へ〕であってはならない最も重要な機能部品である」と主張していたことが強く印象に残っています。以来、高品質で高感度なセンサの開発を目ざして、この警句を座右の銘にしてきました。

 経営学でよく引用される逸話に「茹で蛙」があります。水容器に入れた蛙をゆっくり時間をかけ加熱してゆくと、徐々に熱くなっていることに最後まで気付かず、やがて茹だって死んでしまうという比喩です。また、犯罪学で有名な「破窓理論」(Broken Window Theory)が知られています。建物の窓を破れたまま放置しておくと、先ず軽犯罪が多発するようになり、やがて重犯罪の起こる地域へと変貌しやすいという、米国で実証研究された理論です。これら事例をセンサ機能の立場から検証してみようと思います。

 センサの検出感度は、測定を開始する基準時間あるいは基準レベルに対して得られる対象の変化が、測定中に混入してくる雑音や変動より大きいとき(専門的に表現すれば、時間や変数の編微分としての信号が、ノイズやレベルの変動より大きいとき)に得られる測定値と定義されます。これを上の事例に当てはめてみると、蛙の体温は周囲の温度によって長時間に非常にゆっくり上昇すると、短時間であれば前後の温度変化として容易に検出できる筈なのに、検出感度が低くなるために検出できず、蛙は茹でられてしまうことになります。例えば、財政健全化が叫ばれている昨今の日本を思い浮かべれば理解しやすい。かって優秀とされた官僚たちに全て任せて気が付けば、国は巨額の借金を背負って倒産するのではないかと恐れている構図です。予兆が数々あった筈なのに、敢えて無視し、看過してきた当然の帰結なのでしょうが、日本の社会感度が鈍くて全く機能しなかったことがその主因ではないでしょうか。

 破れた窓をそのまま放置しておくと、周辺にいたずら書きが増え、段々と大きな破壊が加えられてスラム化すると、人々はますます近寄らなくなって、やがて犯罪地域に変化して行きます。例えば、ニューヨーク市のハーレムや、米国都市の中心部を想像すれば理解しやすい。健全社会にある犯罪抑止機能の感度が何らかの理由で鈍化すると、気が付いたときは既に手遅れになって、住民は安全な郊外へ逃げ出してしまい、そして空洞化し犯罪地域になるのです。破窓を速やかに修理し、環境を正常に維持しようと常に努力している「ご近所の底力」のある社会環境ならば、ごく初期の段階において犯罪予防できるという、日本の地方や下町で未だ健在な至極当たり前の社会機能が失われてしまったことが原因です。

 医学の目的は治療より予防にある筈なのに、残念ながら未だ予防を軽視して治療に力点が置かれているようです。極めて少ない費用と時間で簡単に予防できた筈なのに、かなり症状が進行した段階で治療を開始し、手術を受けることになるため、限られた効果に向かって苦痛を伴いながら、多くの無駄な費用と時間を投入することになります。

 犯罪の場合においても全く同じです。被害者となって様々な苦痛を味わうことを考えるならば、鋭敏な社会感度によって費用も時間もかけずに、初期段階の犯罪を予防し抑止することができた筈です。

 古代ローマ帝国の衰亡の歴史を学ぶとき、その社会が健全であったときに立派に機能していた社会感度が、かなり早い段階から鈍磨し衰えていた事実を知っています。翻って、米国および日本の現代社会を顧みるとき、さまざまな悪しき兆候が既に存在しているように思われて仕方ありません。社会モラルの低下、教育品質の劣化、国民意識の分裂、社会規範の希薄化、犯罪の多発と凶悪化、伝統文化の衰退などなど、列挙するほどに暗澹としてしまいます。

 然しながら、これからのIT社会においては、時空を超える拡がりと規模の新しい社会形態と多量な情報の共有とによって、過去の社会では到底なし得なかった全くに新規な「ご近所力」の「社会感度」に変わるものと推測されます。過去の多くの困難と課題を見事に乗り切ってきた人類の力をこの際確信して、これからもずっと社会を俯瞰し、注視して行きたいと思います。 

 

| | コメント (0)

2005年8月15日 (月)

8月15日の記憶

 あの日も、栃木は晴れて暑い真夏日でした。母親の3姉妹の家族たちと一緒に、母親の実家を頼って東京から疎開した先の農村で、実家に隣接の村の集会所に一時間借りして5ヶ月が経過していました。同行した親戚の子供たちの中で一番年少の尋常小学校2年生でしたので、事前通知されていた重大放送が何であるのか理解できぬまま、家族全員が古びたラジオの前に正座している異様な雰囲気を感じて、放送をじっと聞いていました。雑音の中から、内容や意味は理解できなくても、あの独特な抑揚から昭和天皇の玉音放送と判りました。戦争が終わったらしいこと、これからどうなるのか声をひそめて話し合っている親と兄弟たちに問うこともできず、深刻な雰囲気からそっと裏庭に抜け出して、これから大変なことになるのだという漠とした不安を感じながら、飼っていた鶏をずっと眺めていました。2度目の転校と疎開で、浅草の標準語で田舎の友だちもできず、心細さを感じていました。

 浅草千束一丁目に生まれて以来住んで、昭和19年4月に千束(尋常)小学校に入学したのに、翌年2月に父親の決断で池袋要町へ家族で引越し、池袋三原小学校へ転校したばかりのあの3月10日の夜は、家の道路わきに掘った防空壕の中から、東の天空を真っ赤に染める下町大空襲を身を震わせながら見上げていました。千束小学校に入学したときの記念写真があり、真中に国民服の久野校長と正装した女性担任が疲れた表情で新入生たちと一緒に正面を向き、右上壇上に一人のセーター姿の私が写っています。既に学童強制疎開が実施され上級生は学校に殆どいない状況でしたが、浅草に生れ育った人たちは頼るべき田舎の親戚が少なく、幼い低学年生たちは親と一緒に生活を共にしていましたから、先生と同級生たちは、家族と共に殆どがこの空襲の犠牲になりましたことを、大分経ってから親から聞くことができました。少し前まで遊んだ幼な友だちを想い出し、この村で一人ぼっちになったことを知って、一層の心細さに包まれました。

 兄6人と姉3人、末の私と両親の大家族を引き連れ、父親があの厳しい戦況の中でよく間違いなく決断できたと、当時の父の年齢を過ぎて深い畏怖と尊敬を感じています。桑名の山村農家(もともとは千手院村正の正統刀鍛冶)の長男の立場を捨て、大阪に出て修業し、最終の東京に進出するまで抱いてきた強い気概は、昭和恐慌から四度の破産を体験して得られた生き様の太い背骨が明治生まれの父に通っていたからではないでしょうか。

 新田次郎の著作の中に八甲田山雪中行軍の犠牲となった明治将兵の日記に関する記載がありますが、それによると彼らには、昭和軍人に無い際立った特徴として、深い思索と批判の精神が横溢していたそうです。あるいは夏目漱石の隠された日記が(中央公論に)戦後公開され、明治天皇に対する厳しい評価の存在が示すように、社会の健全性に育まれて、個人の精神も健全に維持できたのではないでしょうか。明治生まれの父からもっと多くの貴重な話を聴きだすことができた筈なのに、残念ながら年代のすれ違いの中に埋没して大部分失なわせてしまいました。

 更に父親の判断によって、開戦と同時に軍需工場の下請けの仕事を始めたことで、技術者登録した兄たちを出征から守りましたが、それでも終戦間際になって、二人の兄が南支と内地に送られられました。幸いに欠けることなく復員でき、戦後の復興に兄弟全員で協力することができました。長姉たちは小さい弟妹たちの母親代わりになって家族協力していましたので、私には3人の母親がいる小社会のような家庭環境の中で、2歳上の姉やその他の兄姉とも仲良く助け合って戦後の困難な時代を乗り切ることができました。父親は常にその中心にいましたが、南支に出征し復員後に病死した兄を除いて、皆で見送るなか84歳の天寿を全うしました。

 戦後の体験はまたいずれ適当なときにお話しすることにしましょう。

 60回目の終戦(敗戦)記念日がまた巡ってきましたが、この日を体験した人々は年々少なくなっています。私のこの小さな記憶を心にとどめて頂ければ幸いです。ありがとうございました。

 

| | コメント (0)