2005年10月10日 (月)

人間学について

 宮崎音弥氏に権威代表される心理学者が日本の心理学を牽引していた時代がありました。異常心理を研究対象にしたフランス発祥の心理学でしたが、正常者ならば隠蔽し理解し難い心理現象は、異常者ならば容易に観察できる筈であるという発想が創設のベースにあったに違いないと、門外漢として判断しているのですが、異常者の示す典型的な症状に基づいて正常者を分類区分するので、必ずしも心地よい診断として受け容れ難いものがありました。例えば、分裂症的や偏執気質など聞くもおぞましい異常症状の分類区分が適用されるので、まるで創造主の教義ような犯しがたい神聖な立場を心理学が占める錯覚を、検者と被検者の双方が自然に持つようになったと思います。犯罪心理学であるならば、ある種の異常認識がありますので受容され存在する意義は認めますが、正常な社会人を広く対象とするに及んで、その異様さから次第に敬遠され衰退していったのは、考えてみれば当然のことです。共産主義が衰退して久しいにもかかわらず、マルクス主義の亡霊が未だ健在であるように、かって学習し刷り込まれた人々が存在する限り、時折再会する機会がこれからもあるでしょうが、復活だけはして欲しくないと思います。

 人間の心理や脳機能を対象にする学際において同様の共通する危険性が存在します。つまり、結果とその原因の関係解明が現象分析に基づいているが故に存在する危険です。脳細胞の作用物質までのミクロ追求が未だ不十分であることにその責任の一旦があると理解しているのですが、例えば、セントヘレナ島埋葬のナポレオンの遺髪にある砒素は、果たして痩せ薬なのか、毒殺の証か、あるいは病気の治療薬かは、未だに解釈が分かれていますが、真実は推察の域を出ることはありません。心理学においても類似の検証が行なわれることがあり、行動結果の現象分析から確からしい推論が導き出されるときに、例えば異常心理に基礎を置いた分析であるならば、異常性が殊更に強調された診断となりますが、通常生活の人間が異常性を極として日常行動しているかは甚だ疑問です。

 栄養学にもこれと類似の分析危険が存在します。"健康"な生活を生前に送ったと見なされる人間の臓器を取り出し化学分析したとして、含まれている微量金属は果たして健康者の正常値と判断すべきか否かです。例えば、天然マグロには約1PPMの有機水銀を筋肉内に含んでいますが、これを海水溶出の無機水銀が自然に有機化した結果と見るか、ふぐ毒のように固体擁護のための天然毒摂取と判断するか、あるいは常時回遊に必要な機能物質と評価するかは、更なる深い研究を待たねばならない筈なのに、同様の分析結果から栄養学においては必要摂取の微量金属量が単純表示されています。舌の味覚障害に亜鉛摂取の不足があるとされることがあり、葱の摂取を勧告されますが、どの様に検証された結果なのでしょうか、未だ疑問に感じています。

 経済学にも同様な課題があります。いわゆる価格決定の根拠理由に代表される心理的な側面です。いずれにせよ、人間の行動、心理、現象を対象にする学際に対して、常にある種の懐疑的な姿勢を持ち続ける必要があるように思われます。常に正しいとする理論は、対象が人間である限りにおいて、未来永劫、到底存在し得ないと見るべきではないでしょうか。 

| | コメント (0)

2005年8月10日 (水)

母子家庭

 30年以上も昔のことになりますが、かって仙台市内の4世帯アパートの一郭を借りて一家四人で約1年間住んだことがありました。大都市ではごく普通に遭遇するような小さな男の子と母親の母子家庭が東隣に数年前から住んでおり、月に何度か父親とおぼしき中年の男性が秋田から訪れていました。この母子家族に対するある種の興味もまた都会の希薄な空気の中で共通に健在でありましので、中年の男はさる病院の事務長で、同じ病院で働いていた看護婦と不倫関係となって男の子の母親になったのだという噂話がまこと密やかに近隣の間で流布されていました。不思議なもので、そのような噂話をベースに母子家庭を見ると実際そのように見えましたが、真実であったかどうかは判りません。

 男の子と私の息子たちは年齢の近いこともあって、雪合戦をしてよく一緒に遊んでいましたが、ときに理解に苦しむ行動をとることがありました。あるとき、雪玉の中に小石をいれて息子に投げつけてきたのです。幸い当時流行のウルトラマンマスクを付けていたおかげで、当たった瞬間に硬い音がした程度で済みましたが、不幸な家庭環境から両親の揃った息子を屈折した対象にしたのだろうと推察し、男の子の不幸さをむしろ同情したのでした。いま思い返してみても、あるいは社会の冷たい視線を敏感に感じて、幼いながら小さな社会に反抗していたのかも知れません。

 当時と比べ現在の母子家庭は、離婚や未婚の母子家庭の増加などで、社会の見方もごく普通のこととして受け入れられて、もはや興味の対象ではなくなり、より暖かい社会環境が醸成されつつあるようです。母子家庭に対するより望ましい社会の受け入れ形態は、理想を言えば、戦前の日本に存在した兄弟姉妹が多数いる大家族、あるいはニ~四世代同居の家中心家族なのでしょうが、今も細々と残存している下町的な助け合い関係の近隣社会が最適な形態ではないでしょうか。

 NHKの人気番組「ご近所の底力」に見るとおり、ご近所社会の健全さこそが、防犯から子育てに必要不可欠な社会力そのものに他なりません。やっと今頃になってこの常識が意識されるとは誠に情けない話なのですが、日本でブームのイタリア社会でさえ、戦争母子家庭が普通の古代ローマからずっと継承してきたご近所力がごく当たり前のこととして、広く社会に受け容れられ、普通にいまなお健在です。

 戦後の日本社会は、戦前の家族主義の弊害の反省から、あまりに過度に核家族化され、細分化されてしまいました。そして社会文化の遺伝子は、戦後60年を過ぎてまさに消滅しつつあります。共産主義を捨て民主ロシアに戻ったのは、奇しきも共産主義以前の社会遺伝子が消滅しつつある復元限界の年でありました。日本はできるだけ早くに、官僚統制の社会主義を捨て、郵政民営化に象徴される民業にこそ軸足を移すべきなのです。この意味において、今回の衆議院解散総選挙は、歴史を振り返ったときに、日本社会主義のターニングポイントであったのではないだろうかと確信しています。

  

 

| | コメント (0)

2005年8月 9日 (火)

遺伝と後天

 狭い庭先の古い樹木の下で、今年も沢山のセミが羽化し飛び立っています。

 卵より孵って7年の間土中深くに生息していた幼虫が、夏の暑い夕方に地上に現われ、翌朝には既に成虫となって空中を舞うことができるセミの遺伝プログラムは、現代の進歩した科学成果をしても部分的に模倣することすらできない精巧で精緻なものとされています。

 翻って人間の場合は、20年前後の長い後天的な育児と教育の後にやっと一人前になれるほど不完全で未熟な誕生から始まります。永年かけて頭脳に蓄える学習と経験が多様かつ多量であり、しかもその内容を自由に自己選択できるからなのですが、遺伝プログラムで生きているセミなどの昆虫には無いフィードバック学習が可能であるという圧倒的な優位さが、結果として頭脳にビルトインされることになります。

 DNAの遺伝プログラムは、気の遠くなるような超長期間に生起した厳しい適者生存の原則によって、多くの犠牲を払いスクリーニングされフィルタリングされて残存しているのですが、仮に人間の頭脳が獲得している後天的な学習と経験のフィードバック機能がセミの遺伝プログラム生成機能に備わっていたとすれば、犠牲少なく極めて短期間に獲得できたのではないでしょうか。

 人間頭脳の圧倒的な優位さとして指摘される長所は、例えば複素数を考案し、量子力学を創造したような、時空を超えた抽象の無限世界を、遺伝プログラム獲得期間と比べると圧倒的な短期間内に人類が創出できたことではないでしょうか。その結果、輝かしい科学全般の進歩発展を促し、見返りとしてそれらの成果をあまねく享受できるようになりましたが、その反面の弱点として、さまざまな宗教・宗派の抽象観念を人々の頭脳の中に移植させてきました。合理的な論理の科学世界と心理的な空想の宗教世界とが同じ機能から生起したものとすることに一見矛盾を感じらるかと思いますが、抽象世界を創造し信奉することができる頭脳の機能として見るならば、実は同一作用なのだと理解できます。

 それにしても、現在ある成果から観ると、遺伝プログラムの機能はなおすばらしいものがあります。土中にあったセミの幼虫が、ほんのニ三日の後に羽化して完全飛行ができるとは、後天の学習経験に専ら依存している人間の対極にある、自然の驚異そのもです。この驚異を学習できる人間の頭脳もまたすばらしい自然の驚異であります。

      

| | コメント (0)