« 2005年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2005年10月22日 (土)

剣道とビジネス

 対戦型スポーツは、競技自体にビジネスと共通する教訓が内在しているからでしょうか、教材に引用されることがあります。競争企業と熾烈な闘いを日々繰り広げている状況に類似点が多いことから、真剣勝負する剣道が好んで引用されます。

 宮本武蔵は、絵画と書に人並みはずれた才能を発揮したことでよく知られています。達磨、孤鳥、自画像などの描写に漂う武蔵独特の気迫は日本画の傑作に列していますし、五輪の書は剣道を志す者の聖典になっています。しかし、反時計回りに描く達磨の描順から判断すると、武蔵は生来の左利きであった筈ですが、自画像に見る限り、右手に長刀を左手に短刀を持つ典型的な右利きの構えを造っていますので、対戦相手を巧妙に欺いて、結果的に生涯を通し全勝できた理由に違いないと推察できます。将に"能ある鷹は爪を隠す"です。

 構えの譬に、観見の"遠目の目付"があります。遠くの山を見る如く、対戦相手の全体を把握する大切さと、一箇所を注視する危険を説いたものです。例えば、小手を狙うことを視線から察知されずに、意表を突いた相手攻撃に素早く反応できるからです。試合対戦中の選手の足運びを、少し離れた傍らで見ていると、両者の巧拙、技量を容易に判別できますのは、この見方に相通じています。高段者ほどゆったりと歩むように進むのに対して、忙しなく動き回るのは専ら技量に劣る側なのです。俗に言う"岡目八目"の俯瞰の判断です。

 これは明治期に実際に起きた事件なのですが、何かの弾みで剣道場の師範と植木職人が決闘することになりまして、師範は木刀で職人は真剣のハンデで対峙し試合をしたところ、結果は意外にも師範が負けて死亡してしまいました。立会い早々、師範は職人め掛けて木刀を振り下ろしたところ、定型の真剣で受け止めることなく職人は首をひょいと曲げて避けたため肩に強かに当たっただけで、思わず繰り出した職人の真剣に師範はいとも容易に刺し殺されてしまったからでした。

 黒澤明監督の映画で、例えば侍と博打打の乱闘場面を思い浮かべられると理解し易いのですが、竹刀習得の剣法と、白刃の下で命がけで体得した博徒の"ヤットウ"剣法の違いに相通じる教訓が、そこに存在していると思います。竹刀剣道は打ち込まれても直ぐにまた生き返るバーチャル剣法であるので、心の隅に命に対する甘さが無意識に残ります。また、先達が開発し伝えた効率的な型の修得に日夜励んでいると、日本舞踊のような「きれいな技」が自然に身に付き慣れますので、型に無い太刀捌きに遭遇すると、たちまちに対処不能に陥って立ち往生し、負けてしまうのです。

 この型修得の弊害の反省からでしょうか、江戸期の太平剣法にもルネッサンス的な動きがあったようで、例えば示現流は"八方破れ"に構えますから、小野派一刀流の侍が正眼に構え、示現流の"異型な"構えの者と初対峙したときの驚きと恐怖は、さぞかし大きかったに違いないと推察できます。反射神経を只管に定型で鍛錬したことの危うさ、落とし穴と言えます。

 敷衍すれば、教科書学習の弱点もこの辺にありそうです。つまり守・破・離のプロセスを進めることの困難さです。人類のエポックメーキングな業績がしばしばアウトサイダー所属の個性的な独学者や独習者によって達成された理由も、この辺りに真因が存在するのかも知れません。

| | コメント (0)

2005年10月18日 (火)

政治と外交

 今回実施された小泉郵政解散の選挙結果は、日常的に政治と無縁な人々にとって、かなり示唆に富む見方・考え方を提供してくれた点で注目に値する出来事であり、少し誇張して言えば"歴史的"な出来事でありました。

 小泉さんは、歴代自民党の総裁には稀有な特質を"いろいろ"に備えているとの理解は、誕生から4年を経てなお高い人気を維持し続けている理由として、衆目の一致する見方のようです。その一つに、One Phrase Politicsの根拠になった、政策や方針に対する必要最小限も満たさない「寡黙さ」があります。今回の政局において、多くのベテラン議員、新聞記者、政治評論家の予想が、ドラスティックなほど見事に裏切られた理由でありました。

 人間観測していると、しばしば表層と心裡の乖離が判明するシーンを目にすることがあります。橋本竜太郎氏は議員になってからも熱心に道場に通って師範腕前の剣道に汗を流していました。生来の小心さを隠蔽し"威風"を支持者の前で演出したい意識が人一倍強くあった筈なのに、剣客に相応しくない正義感の欠落から、日歯連献金事件の不名誉を厭わず、明々白々な偽証をしています。なぜなら、会合意図が献金にあった筈なのに、忘れて記憶にないとは到底信じられないからです。また、防衛庁長官室のベランダから目的不明の決起を呼びかけ自刃した三島由紀夫氏は、ボディビルと剣道の練習に熱心に取り組み肉体改造に励んでいましたが、この意図が、幼少期の奇行で意識した"男色"を気取られないためのカモフラージュにあったことは、自伝的小説「仮面の告白」や死後開示された日記から読み取ることができます。

 ある創業2代目の経営者と面談した折に、盛んに難しい漢語を駆使しこれから進めようとしている経営方針を熱く語る場面に遭遇したことがありました。このような場合、孫子の兵法が特に好まれる出典のようですが、その真意は、古典の確立された評価を借りてする自説説得に力点があったようで、創業者には確として存在した自からの言葉で語る熱意が、2代目になると最早失われて、経営者の人となりの薄さを痛感することになりました。

 どのように仮装し、借用しようとも、鋭い観察と検証に曝されると明らかにされる真実がある一方で、逆に心の奥部に秘匿し、言葉少なに注意深く表現することで、他人に窺がい知られることなく、決意を実行できる場合があります。小泉劇場の芝居の真の筋書きを、多くの有権者と同様に、ベテラン政治家になるほど見事に読み違えた今回の解散選挙ほど、教訓的な事例は少ないのではないでしょうか。どの様に批判されようとも、事前に本心を開示しないことによって、政敵の放つ攻撃を有効に回避できたし、事前公表による自縛がないことが強みとなって、戦術がブレることも変更する必要もなく、計画とおり機能させることができました。言葉の少なさに反比例して多数の憶測と仮説が生み出されましたから、俳句のように、少ない言葉のもつ意味弾性の拡がりと、時間経過と共に膨張する想像域とに助けられて、曖昧なマニフェストも国民に快く受け入れられて、結果的に大勝利しました。

 どの様な外交秘密も3ヶ月もすればその95パーセントは結局は公開されると陳述したカナダの職業外交官がいました。最近、諜報職員をIT公募して話題になった英諜報機関が現れるほどに、情報自体の秘匿はますます困難になっているようです。最近あった外交ニュースに、10月18日に小泉首相が靖国神社を参拝する報道と、11月15日にブッシュ大統領が京都で小泉首相と会談予定とする2つの全く異なる報道がありました。一見何の脈絡のない両報道を大胆に読み解くとすれば、イラクの失敗で苦境に陥っているブッシュ政権が打開策を模索して来日する姿が透けて見えてきます。更に踏み込んで予測すると、イラク・イラン両国に対し歴史上の瑕疵履歴がなく、宗教対立軸を持たない、米国の忠実な同盟国日本に対し、ある種の解決期待を持つようになるのは、米外交の当然の帰結であると理解できます。

 暫くの間、この予測がどの程度的中するか、静観してみることにしましょう。さて、結果は如何でしょうか?

| | コメント (0)

詩人になるとき

 正確に出典は憶えていませんが、恐らく筑摩書房刊「外国人の見た日本」1~2巻か、あるいは講談社文庫「亡命ロシア人の見た明治維新」の辺りにあったように思います。江戸期末期に日本に漂着し囚われの身となったロシア人と、取調べの武士が詩作について交わした短い記録なのですが、詩作は学習によって可能とする武士の主張に対して、才能の前提が必須と説くロシア人が反論する内容でした。当時のロシア人が抱く詩作常識がどの様なものであったかは知る由もありませんが、当時の日本人共有の詩作イメージは、間違いなく韻律調の漢詩でありましたから、詩作といえば、中国古典から多数の漢籍を学び、漢詩の約束事を踏襲して行なう漢詩作りであると理解すれば、漢文が既に半ば日本語化していたとは言え、紛れもなく外国語の作詩に共通の前提として、充分な学習と習作は当然なことでした。現代に敷衍しても、外国語の作詩において、武士の主張は正しいと言えます。ロシア人と武士両者の意識を推測すると、和歌や俳句など日本が誇る国有文化を詩とは自覚せず、相手に知識されていなかったところに、議論がすれ違う不幸の原因があったと解釈できます。

 しかし、普通の人でも特別な状況下に置かれると、詩人になれる場合があります。泥棒詩人として著名な仏詩人のフランシス・ビヨン〔F.Villon〕は緊張感漂う"仕事"を為しつつ傑作を生み出し続けました。乃木将軍は、子息二人と多数の部下を戦死させてやっと勝利し、悔悟と悲惨の戦場で作詩した傑作の紫禁城外斜陽の漢詩を作詩しました。このように極限状態に追い込まれると、巧拙は別として、人は極く自然に詩人になれます。時世の句に傑作が多い理由と共通しています。職業的、天才的な詩人とは、つまるところ、このクリティカルな作詩環境に自らを常置できる優れた能力の持ち主たちではないでしょうか。個人が特別な状況下に置かれる日常経験とは、例えば突然の"病気・入院"があります。平和で安定した日常状態から、唐突に明日をも断たれる恐怖と不安に措かれ、激しい心の動揺、混乱、ときに錯乱の入り混じったプロセスを経て、やがて終局の穏やかで平和な境地へ辿り着くのですが、この過程の中で詩人になれるときがあるのです。

 50歳のとき、突然の癌発見と摘出手術のため癌専門病院の病棟の、検査ベットを含め8人の入院患者を収容する2階の角部屋に、緊急入院しました。結果的に病態が比較的良好、軽度だったこともあって生存できたのですが、入院中起居を共にした約20人の仲間は1年を経ず殆どが亡くなられたことを後日なって知り、記憶の悲しみで一杯になりました。入院当初は人生時間が突然にストップしたようで、言い知れぬ不安、悔悟、反省を止めどなく繰り返し回顧する毎日でしたが、少し環境に慣れて来ると、手馴れたビジネスノートに代え、程なく病室の観察日記を付け始めました。その余白に、次の短い詩作が残されています。

  希望は絶望の夜明け/幸福は辛苦の彼岸/成果は犠牲の果実/収支は均衡することなし

 記憶は無いのですが、退院間近の頁に記載されてありますので、恐らくある種の覚悟ができた頃の作であるように思います。言葉の選択に稚拙さはありますが、当時の心境を想起すると感慨深いものがあります。

 ところで、恐らく仏籍にある著名な方の詩作と確信しているのですが、ぜひ出典を教えて頂きたい次の詩文があります。同世代と想像される著者の立場に想いを馳せてみる愉しみが、この詩文鑑賞にはあります。

 雲は山に帰り、鳥は巣に帰る/人は勤めを終えて家に帰り、生涯の仕事を終えて故郷に帰る/子を育てて親の懐に帰り、乱れた心は本心に立ち帰る/帰家穏座

 穏やかな心境に在る著者に、言い知れぬ親しみと安らぎを感じることができて、秀逸です。人生の様々な苦難を乗り越えて初めて到達できた、この様な心境に何れの日にか達せるよう、望っています。

| | コメント (0)

2005年10月10日 (月)

人間学について

 宮崎音弥氏に権威代表される心理学者が日本の心理学を牽引していた時代がありました。異常心理を研究対象にしたフランス発祥の心理学でしたが、正常者ならば隠蔽し理解し難い心理現象は、異常者ならば容易に観察できる筈であるという発想が創設のベースにあったに違いないと、門外漢として判断しているのですが、異常者の示す典型的な症状に基づいて正常者を分類区分するので、必ずしも心地よい診断として受け容れ難いものがありました。例えば、分裂症的や偏執気質など聞くもおぞましい異常症状の分類区分が適用されるので、まるで創造主の教義ような犯しがたい神聖な立場を心理学が占める錯覚を、検者と被検者の双方が自然に持つようになったと思います。犯罪心理学であるならば、ある種の異常認識がありますので受容され存在する意義は認めますが、正常な社会人を広く対象とするに及んで、その異様さから次第に敬遠され衰退していったのは、考えてみれば当然のことです。共産主義が衰退して久しいにもかかわらず、マルクス主義の亡霊が未だ健在であるように、かって学習し刷り込まれた人々が存在する限り、時折再会する機会がこれからもあるでしょうが、復活だけはして欲しくないと思います。

 人間の心理や脳機能を対象にする学際において同様の共通する危険性が存在します。つまり、結果とその原因の関係解明が現象分析に基づいているが故に存在する危険です。脳細胞の作用物質までのミクロ追求が未だ不十分であることにその責任の一旦があると理解しているのですが、例えば、セントヘレナ島埋葬のナポレオンの遺髪にある砒素は、果たして痩せ薬なのか、毒殺の証か、あるいは病気の治療薬かは、未だに解釈が分かれていますが、真実は推察の域を出ることはありません。心理学においても類似の検証が行なわれることがあり、行動結果の現象分析から確からしい推論が導き出されるときに、例えば異常心理に基礎を置いた分析であるならば、異常性が殊更に強調された診断となりますが、通常生活の人間が異常性を極として日常行動しているかは甚だ疑問です。

 栄養学にもこれと類似の分析危険が存在します。"健康"な生活を生前に送ったと見なされる人間の臓器を取り出し化学分析したとして、含まれている微量金属は果たして健康者の正常値と判断すべきか否かです。例えば、天然マグロには約1PPMの有機水銀を筋肉内に含んでいますが、これを海水溶出の無機水銀が自然に有機化した結果と見るか、ふぐ毒のように固体擁護のための天然毒摂取と判断するか、あるいは常時回遊に必要な機能物質と評価するかは、更なる深い研究を待たねばならない筈なのに、同様の分析結果から栄養学においては必要摂取の微量金属量が単純表示されています。舌の味覚障害に亜鉛摂取の不足があるとされることがあり、葱の摂取を勧告されますが、どの様に検証された結果なのでしょうか、未だ疑問に感じています。

 経済学にも同様な課題があります。いわゆる価格決定の根拠理由に代表される心理的な側面です。いずれにせよ、人間の行動、心理、現象を対象にする学際に対して、常にある種の懐疑的な姿勢を持ち続ける必要があるように思われます。常に正しいとする理論は、対象が人間である限りにおいて、未来永劫、到底存在し得ないと見るべきではないでしょうか。 

| | コメント (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2010年3月 »