« 失敗することの意義 | トップページ | 人間学について »

2005年9月24日 (土)

尊敬について

 レオナルド・ダ・ビンチは医学から絵画、土木建築など実に広範な分野に秀でた業績を残し、当代の「完人」と尊称されたほどの偉人でしたが、現在この称号が完全死語化したように、一人の人間がかくも広範で複雑な多岐の分野に頭角を現すことは到底不可能でしょう。現代は、専門化へ向かって加速・深化する中で、得意とする狭い分野やニッチ領域に安息地を見出し特化せざるを得ないからで、学際は勢い細かい櫛の歯状に縦割構成されることになります。そのような背景において、なお世間の業績評価は、狭く選択された領域に限定されることなく、全人格的な評価を求めて、全てレベル以上の高邁さを備えていることを当然であるかのように要求しますが、これは人間の本質を誤解しています。

 アインシュタインの不滅な輝かしい業績に対し、生涯趣味にしていたバイオリン演奏や不可解な家庭生活に同様の評価と期待を抱くとすれば、明らかに間違っているのみならず、本人にとっても甚だ迷惑なことであります。ロシア生まれで戦前大活躍した著名ピアニストのホロビッツに対し、90歳近くになって初来日した演奏から「壊れた骨董品である」と評した音楽評論家がいましたが、これは時間差無視の評価であって正しくありません。同様にホロビッツにもピアノ演奏以外の教養や私生活において、あまり芳しくない評価がありました。常識を超えた特定分野の偉業績の蔭にある常識以下の広い生活領域が、天才の周囲にも存在するということを率直に認めてやるべきですし、過去の業績を現在から遡及評価しようとすることに本質的に無理があると思われるからです。偉業績と認められる特異点の時点と近傍にのみ限定されて、評価し尊敬されるべきなのです。

 従って、平凡な一般人においてさえ、生涯にわたって尊敬に値する例があり得ます。高校の同級生でしたが、参考書の借用を申し出たときでした。「返却してくれるなら貸すよ」との返答に、「何故そんなことを言うのか」と半ば侮辱された想いで尋ねましたところ、「貸してから返却を催促するのはいやなので、貸す前にいつも言うことにしているんだ」との率直な回答に感激し、以来座右の銘にしていますが、いつも尊敬をもって同君を思い出しています。そのような理由から日常的に、たとえどのような身分、地位、職位の人であれ、優れて尊敬に値する部分が人には必ずある筈との確信を持つように自戒しています。どうしても見出せないときは、それを検知できない当方の無能さに理由があると考えるようにしています。最早や「完人」は存在しませんが、何人も未知領域においては「未完人」であることを決して忘れるべきではないと思います。

|

« 失敗することの意義 | トップページ | 人間学について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失敗することの意義 | トップページ | 人間学について »